山中温泉 芭蕉の館

basho575.exblog.jp
ブログトップ

山中温泉フォト575

 湯の出町商店街振興会・芭蕉の館主催の 「山中温泉フォト575」の応募が始まりました。
選考は、3月20(祭)午後3時よりエッセイストの岸本葉子さんが”芭蕉の館”で行い、続いて
午後7時から”ふだんの暮らしが俳句で変わる”と題して講演会も行います。
 尚、「フォト575」の応募期間は、2月1日(木)~3月18日(土)で選考の結果発表は3月22日です。
f0289632_21464254.jpg

f0289632_2147397.jpg

f0289632_21472688.jpg

f0289632_21474565.jpg

   岸本葉子様はEテレ「NHK俳句」で司会をされています。
[PR]
# by basyoyamanaka | 2017-02-07 21:49 | Comments(0)

金沢市馬替シニアクラブ

 金沢市から26人のお客様です。”舘”の説明の後、「山中節」にウットリ。
f0289632_1951183.jpg

f0289632_195366.jpg

f0289632_1972292.jpg

f0289632_1975337.jpg

f0289632_1983881.jpg

    庭には残雪が。今の処は楽な冬です。
[PR]
# by basyoyamanaka | 2017-02-06 19:10 | Comments(0)

「雛飾り」・句会

 今回は”お雛様”が見つめる、定例(毎月第一日曜日)の「雪垣」句会です。
f0289632_20111032.jpg

f0289632_20113198.jpg

f0289632_20115678.jpg

f0289632_20122683.jpg

f0289632_20125360.jpg

[PR]
# by basyoyamanaka | 2017-02-05 20:13 | Comments(0)

出張・子供俳句教室

 山中「児童館」で子供俳句教室です。上出洵さんと参加。11人の子供たちが参加しました。
f0289632_18514014.jpg

f0289632_1852561.jpg

f0289632_18532365.jpg

     児童館のお姉さんも助け舟。
[PR]
# by basyoyamanaka | 2017-02-04 18:55 | Comments(0)

「国立山中病院」看護学校

 国立山中病院・看護学校35回生の4人が昨晩は山中温泉に
宿泊し”芭蕉の館”を訪れました。
f0289632_1346502.jpg

f0289632_13471253.jpg

f0289632_13473213.jpg

   先輩の作品(フォト575)にきゃあきゃあ
[PR]
# by basyoyamanaka | 2017-01-29 13:52 | Comments(0)

「芭蕉の館」歌仙巻③-3

 芭蕉の館の”歌仙巻”も三巻目に入り、先月の”しぐれの巻”初折の裏「四句目」(無季)
”廻して下さい回覧板を”を受けて
「五句目」(正月句)   ”三幅に朝日の届く御慶かな”      笹次
「六句目」(冬の句)   ”吐く息白し少年剣士”         梶
「七句目」(無季)    ”気に入りのスカーフ風になびかせて   中江
「八句目」(無季)    ”暖簾くぐりて師の母に会う”       正藤 
「九句目」(春の月)   ”この路地を曲がりてもなお春の月”    佐藤

 次回の歌仙巻は、2月21日(第3火曜)の「十句目」(春の句)からです。
 
[PR]
# by basyoyamanaka | 2017-01-18 20:36 | Comments(0)

子供俳句教室

 うっすらと雪景色の中、子供達が集まりました。
f0289632_11541748.jpg

f0289632_11552487.jpg

f0289632_115632.jpg

f0289632_11562819.jpg

f0289632_11565351.jpg

 雪の中、1年生から5年生の4人が来てくれました。除夜の鐘やお年玉の句など
季語がドンドン出てました。選ばれて新聞に掲載されると良いですが・・・。
[PR]
# by basyoyamanaka | 2017-01-14 12:05 | Comments(0)

子供俳句教室

 うっすらと雪景色の中、子供達が集まりました。
f0289632_11541748.jpg

f0289632_11552487.jpg

f0289632_115632.jpg

f0289632_11562819.jpg

f0289632_11565351.jpg

 雪の中、1年生から5年生の4人が来てくれました。除夜の鐘やお年玉の句など
季語がドンドン出てました。選ばれて新聞に掲載されると良いですが・・・。
[PR]
# by basyoyamanaka | 2017-01-14 12:04 | Comments(0)

大阪・医師会

 大阪・医師会(10人)のお客様。
f0289632_0272668.jpg

      「山中節」に聞き入る。
f0289632_029959.jpg

      「木地師・人間国宝」川北良造氏の作品を鑑賞。
f0289632_0365425.jpg

[PR]
# by basyoyamanaka | 2017-01-11 00:37 | Comments(0)

新春の「芭蕉の館」

 皆様”明けましておめでとう御座います。”
1月中は、「山中十二勝」屛風」(高山右暁)・「山中十勝」絵巻(石川柳城)の展示中です。
f0289632_9351185.jpg

f0289632_9354587.jpg

f0289632_9361955.jpg

f0289632_9364862.jpg

f0289632_9371473.jpg

[PR]
# by basyoyamanaka | 2017-01-02 09:37 | Comments(0)

新年の飾り付け

 本年もお世話になりました。根雪の無いお正月を迎えそうです。
来年もよろしくお願いします。
f0289632_17181754.jpg

f0289632_17184270.jpg

f0289632_1719474.jpg

f0289632_17193791.jpg

f0289632_1720077.jpg

f0289632_17202666.jpg

[PR]
# by basyoyamanaka | 2016-12-31 17:23 | Comments(0)

「芭蕉の館」歌仙”しぐれの巻”③-2

 歌仙”しぐれの巻”
 「六句目」(秋の句)  ”年の数ほど葡萄の粒を”     梶
を受けて、初折の裏に入りました。
 「折立」(秋の句)   ”一枚の田を貪りし小白鳥”    上出
 「二句目」(晩秋)   ”海鳴りとほく蓮根堀りつぐ”    笹次
 「三句目」(無季)   ”寂しいと言い私を妻にする”   梶弘美
 「四句目」(無季)   ”廻して下さい回覧板を”     梶

 来年は、五句目「正月句」でスタートです。
f0289632_16354222.jpg

f0289632_1636840.jpg

f0289632_16362313.jpg

f0289632_16363755.jpg

 
[PR]
# by basyoyamanaka | 2016-12-20 16:36 | Comments(0)

「芭蕉の館」歌仙”しぐれの巻”③-1

 11月から”しぐれの巻”「歌仙巻」スタートです。
 初折りの表
  「発句」        やはやはとしぐれの蛇体山を巻き       橋本      
  「脇句」        結論出して北窓塞ぐ            佐藤      
  「三句目」(無季)    トランプが廊下の奥に立っていた       梶
  「四句目」(無季)    かけこみ寺の磴の百段           笹次
  「五句目」       鉄橋を渡るや忽と後の月          梶  
  「六句目・折端」    年の数ほど葡萄の粒を           梶
 今月は連絡が行き届かず少人数でのスタートでした。
12月・第三火曜日は「初折りの裏」に入ります。
f0289632_23415710.jpg

f0289632_23421929.jpg

[PR]
# by basyoyamanaka | 2016-11-23 23:42 | Comments(0)

”芭蕉の館研修旅行”河合曾良を訪ねて⑥

 「龍福寺」から揖斐川沿いに右岸を上り、桑名駅方面に向かう。
途中でアサリの”しぐれ煮”を買い、「海蔵寺」に立ち寄る。
 「海蔵寺」は幕府の命による”木曽三川”の河川工事で非業の死を遂げた
総奉行・平田靱負の他、21基の墓石が安置されている。
 又、多くの犠牲者は他14ケ寺に埋葬されている。
    切腹自害者(51名)、病死者(33名)、幕府方(2名)、人柱(1名)、
    費用は40万両と云われている。
         詳しい内容は、杉本苑子著「狐愁の岸」を読まれると良い。
 桑名駅で市川雄二氏と御別れし帰路に就く。
  バス内で句を出し合い、優秀句2点を選句する。
    〝身にしむや薩摩の義士の心意気”   梶(弘美)
    ”秋寂ぶや一枚岩の句碑そびえ”    佐藤
[PR]
# by basyoyamanaka | 2016-11-19 11:24 | Comments(0)

取手市”字遊樂舎”

 取手市から”古典を旅する字遊樂舎”(代表・江口博)の皆さん方16人が
山中温泉に宿泊され、当館を訪れました。
f0289632_1925773.jpg

f0289632_19253579.jpg

f0289632_1928336.jpg

f0289632_192912.jpg

f0289632_1930682.jpg

 これから「あやとり橋」を見て、大聖寺の「全昌寺」へ
f0289632_19335178.jpg

[PR]
# by basyoyamanaka | 2016-11-17 19:34 | Comments(0)

”芭蕉の館研修旅行”河合曾良を訪ねて⑤

 「七里の渡し跡」から「龍福寺」(浜の地蔵堂)の”芭蕉句碑”を尋ねる。
f0289632_1093047.jpg

f0289632_10133018.jpg

f0289632_10135944.jpg

 昭和38年(河野一郎・建設大臣)建立。 ”明けぼのや白魚しろきこと一寸 芭蕉桃青
「初案」は上五”雪薄し”の冬の句を付き過ぎ(無念)として春の句に改めた。
 『野ざらし紀行』貞享本年(1684)から二年にかけての芭蕉初めての紀行文中に
「草のまくらに寝あきて、まだほの暗き中に濱のかたへ出て」とある。
f0289632_10462950.jpg

[PR]
# by basyoyamanaka | 2016-11-14 10:46 | Comments(0)

”芭蕉の館研修旅行”河合曾良を訪ねて④

 「六華苑」から「七里の渡し跡」に向かう。途中、「舟津屋」の「歌行燈句碑・久保田万太郎句碑」を見る。
「歌行燈」は、泉鏡花が船津屋で書き上げた”情話”で、久保田万太郎が原作を芝居に仕立て評判をとる。
f0289632_1151985.jpg

    「句碑」は全く原型を留めていない。
f0289632_119539.jpg

f0289632_11122160.jpg

f0289632_1115506.jpg

f0289632_1117798.jpg

 東海道は熱田から桑名まで唯一の海路で、この大鳥居から伊勢路に入ることから、
式年遷宮ごとに建て替えられている。
[PR]
# by basyoyamanaka | 2016-11-12 11:27 | Comments(0)

"芭蕉の館研修旅行”河合曾良を訪ねて③

 長島町「大智院」から「桑名シティーホテル」に移動し、市川雄二氏(放送大学・三重学習センター)の食談後、
「六華苑」(桑名市有形文化財)に向かう。
f0289632_11525443.jpg

 市川さんは『ふるさと歴史紀行』著で桑名市の歴史にも詳しく、案内役を御願いしました。
f0289632_1222469.jpg

f0289632_123518.jpg

f0289632_1233072.jpg

    円形(カーブした)の窓ガラス
f0289632_1273839.jpg

 「六華苑」(旧諸戸清六邸・大正2年)は、鹿鳴館を設計した”ジョサイア・コンドル”が手掛けた和洋館(平成9年国の重要文化財に指定)。18000㎡の広大な敷地。
f0289632_1221735.jpg



 
[PR]
# by basyoyamanaka | 2016-11-10 12:21 | Comments(0)

”芭蕉の館研修旅行”河合曾良を訪ねて②

 「おくの細道」の道中、山中温泉で8泊9日し芭蕉と別れた曾良は大垣で再会し、
伊勢神宮遷宮の参拝の為に再び、芭蕉・曽良は舟で大垣から旅立ちます。
 長島「大智院」には、曾良の叔父・良成が住職を務めており、此処で3泊します。
f0289632_12262538.jpg

     句碑の説明をされる小出住職。
f0289632_12355586.jpg

     山中温泉で曾良が芭蕉との別れで詠んだ句が・・・
     ”行き行きて倒れ伏すとも萩の原”  曽良
f0289632_12401064.jpg

     伊勢の国長島大智院に信宿す
     ”うき我をさびしがらせよ秋の寺”   芭蕉
f0289632_12532273.jpg

[PR]
# by basyoyamanaka | 2016-11-08 12:49 | Comments(0)

小松市・白江町「千歳会」

 小松市「千歳会」40人の皆さんです。
f0289632_2229159.jpg

f0289632_22303574.jpg

f0289632_22311118.jpg

f0289632_22314523.jpg

[PR]
# by basyoyamanaka | 2016-11-06 22:32 | Comments(0)