人気ブログランキング |

山中温泉 芭蕉の館

basho575.exblog.jp
ブログトップ

「古九谷と加賀蒔絵」

「古九谷と加賀蒔絵」_f0289632_2341354.jpg

「古九谷と加賀蒔絵」_f0289632_2301694.jpg
 ≪古九谷修古祭≫2日目
 「古九谷と加賀蒔絵ー前田家の光と影」と題して、金沢学院大学 美術文化学部美術学科教授 山崎達文氏の講演が”芭蕉の館”で行われた。
 徳川家お抱えの”本阿弥家”の蒔絵作品を見ると、華やかで如何にも天下取りのお抱え絵師。一方、前田家が抱える”五十嵐道甫”の流れをみると、何かを抑えているようで、如何にも地味だ。後水尾天皇も徳川に対しては、前田家と同じ思いで、利常公に”忍”の書を送っている。こうした影ともいえる部分に相対して、「古九谷」は光として、同時代に登場する。利常公の本領発揮というところである。
「古九谷と加賀蒔絵」_f0289632_22583557.jpg
「古九谷と加賀蒔絵」_f0289632_232339.jpg

by basyoyamanaka | 2013-06-23 23:06 | Comments(0)