人気ブログランキング |

山中温泉 芭蕉の館

basho575.exblog.jp
ブログトップ

「山中温泉俳諧句碑」巡り⑨道明ヶ淵から芭蕉堂方面へ

 「道明橋」又は「あやとり橋」を渡り、遊歩道を左方に下り、「元黒谷」に向かう。
「山中温泉俳諧句碑」巡り⑨道明ヶ淵から芭蕉堂方面へ_f0289632_18135268.jpg

「山中温泉俳諧句碑」巡り⑨道明ヶ淵から芭蕉堂方面へ_f0289632_18185790.jpg

「山中温泉俳諧句碑」巡り⑨道明ヶ淵から芭蕉堂方面へ_f0289632_18201511.jpg

 途中「小才橋」があるが、街から歩きにくいのだろうか利用者は少ないが、
通れない事は無い。渡ると、「たわらや」「はるる」の中間に出る。
「山中温泉俳諧句碑」巡り⑨道明ヶ淵から芭蕉堂方面へ_f0289632_18354765.jpg

「山中温泉俳諧句碑」巡り⑨道明ヶ淵から芭蕉堂方面へ_f0289632_18365329.jpg

「山中温泉俳諧句碑」巡り⑨道明ヶ淵から芭蕉堂方面へ_f0289632_18395515.jpg

「山中温泉俳諧句碑」巡り⑨道明ヶ淵から芭蕉堂方面へ_f0289632_1842514.jpg

「山中温泉俳諧句碑」巡り⑨道明ヶ淵から芭蕉堂方面へ_f0289632_1844982.jpg

 「元黒谷」は、現在の「黒谷橋」「芭蕉堂」の上流に掛かっていた。
元は、此処が街の外れだったと思われる。橋を渡ると、山代方面・那谷寺方面に
峠道が分かれて居た。
 芭蕉の”今日よりや書付消さん笠の露”に応えて、曽良は”行き行きてたふれ伏すとも萩の原”
と別れを惜しんだ。
by basyoyamanaka | 2015-10-26 19:01 | Comments(0)