人気ブログランキング |

山中温泉 芭蕉の館

basho575.exblog.jp
ブログトップ

「芭蕉の館」芭蕉旅(福井)⑤

「天龍寺」まで芭蕉翁に北枝は随行し、この地で別れている。
「芭蕉の館」芭蕉旅(福井)⑤_f0289632_21330464.jpg
             ”芭蕉翁と北枝の石像”雪に備えて菰をかぶっている。
「芭蕉の館」芭蕉旅(福井)⑤_f0289632_21332637.jpg
         ”物書きて扇引きさく余波(なごり)哉”
  この句は、北枝との別れに際して芭蕉翁が扇に書いたらしいが、色々と説があるようだ。
 『卯辰集』松岡にて翁に別れはべりし時、扇に書きてたまはる。
 『古今抄』賀府の北枝が山中のみおくりに、橘の茶店にてそれが扇に書きて・・・。
 『菅菰抄』付録に。此の時北枝ㇵ越前細呂木駅と金沢町との間、娵落(よめおとし)と云所の茶店迄翁を送り来ると云伝ふ。
   *丸岡藩にいた梨一が『菅菰抄』で此の様に書いているのだから、個人的には、加賀の北枝が越前領まで案内したのだろうかという疑問が・・。


by basyoyamanaka | 2017-11-21 22:23 | Comments(0)