山中温泉 芭蕉の館

basho575.exblog.jp
ブログトップ

「芭蕉の館」歌仙”雪吊の巻”⑥

 今日(6月19日)は、岸本葉子さんに「発句」を戴き始まった歌仙”雪吊の巻”も、「名残の裏」(六句)で巻き終わります。
岸本様には「五句目」(花の座)を御依頼致しました。
 名残の裏
  「一句目」(無季)  犬に服着せて散歩の老夫婦       中江
  「二句目」(無季)  手押し信号押すのを忘れ        佐藤
  「三句目」(春の句) 川底の小鮒に届く春日差し       正藤
  「四句目」(春の句) 耳を澄ませば初音かすかに       仝
  「五句目」(花の座) 白壁にふるるばかりに花の枝      岸本
  「六句目」(挙句)  園丁の背に春暮れかぬる        橋本(執筆)
  捌き役の橋本薫さん ”雪吊の仕上げ”に”園庭の挙句”、その場で連句を和紙に、見事に絵と書が出来上がりました。
f0289632_02132869.jpg
f0289632_02134639.jpg
 来月、7月17日(第3火曜日)は”蛍の巻”で始まります。1時30分~です。ご自由に御参加くださいませ。
「発句」を正藤様に戴きました。
        蛍火の一つ点りて二つ消ゆ

[PR]
by basyoyamanaka | 2018-06-20 02:15 | Comments(0)