山中温泉 芭蕉の館

basho575.exblog.jp
ブログトップ

小説”虹”

高浜虚子の小説”虹”は、三国(福井県)の森田愛子が主人公で描かれています。病棟で知り合った伊藤柏翠と結ばれ、虚子の愛弟子として短い生涯を終えます。「山中温泉・よしのや」での愛子と母親のシーンが涙を誘います。
f0289632_17232474.jpg
f0289632_17235497.jpg
f0289632_17242186.jpg
f0289632_17243988.jpg

[PR]
by basyoyamanaka | 2018-10-14 17:26 | Comments(0)