山中温泉 芭蕉の館

basho575.exblog.jp
ブログトップ

雪割草

 山中温泉もようやく春めいて来ました。
”芭蕉の館”にも「雪割草」が彼方此方に・・・。
f0289632_12342199.jpg

f0289632_1234434.jpg

 「猩々袴」は、未だ・・
f0289632_12385281.jpg

# by basyoyamanaka | 2015-03-17 12:39 | Comments(0)

「芭蕉の館」歌仙・名残りの表

 歌仙も”名残りの表”愈々終盤です。
   「五句目」(夏の句)    夏惜しむカラクリ時計見上げつつ      佐藤
   「六句目」(無季)      昭和の男次々逝きし             上出
   「七句目」(無季)     砂嵐地上に銃火絶ゆるなく          橋本
   「八句目」(無季)     みゆきの歌もこころ懐かし           平井
 今日は「九句目」(無季)から
                  うきうきと新幹線の話など           中江
   「十句目」(無季)    フレアスカート風におどるよ          紺谷
   「十一句目」(冬の月) 鉄塔にひっかかりたる冬の月         橋本
 来月は折り端「十二句目」(冬の句)からです。
そして歌仙最後の六句”名残りの裏”に入ります。
f0289632_19214295.jpg

f0289632_192268.jpg

f0289632_19223139.jpg

# by basyoyamanaka | 2015-03-16 19:22 | Comments(0)

梅の木の枝折れ

 12月にドカッと降った雪が結構重たく、彼方此方で枝折れが見えました。
知人から梅の枝を戴きました。
f0289632_1242188.jpg

f0289632_1244874.jpg

f0289632_125848.jpg

 山桜も館内に生ければ満開です。
f0289632_1273726.jpg

f0289632_1275948.jpg

     雛祭りもソロソロ
# by basyoyamanaka | 2015-03-09 12:10 | Comments(0)

長谷川櫂・「古志」の会

 俳人の長谷川櫂氏と「古志」の会の方達26人が昨夜、山中温泉に宿泊され
今朝は『芭蕉の館』で句会です。
 
f0289632_17471789.jpg

f0289632_17474059.jpg

     山中温泉・男湯前で    ”山中の湯気にこもるか春の人” 櫂
f0289632_1750519.jpg

f0289632_17531356.jpg

f0289632_11553663.jpg

# by basyoyamanaka | 2015-02-22 17:55 | Comments(0)

「芭蕉の館」歌仙

2月16日(月)毎月の第3月曜日は、歌仙教室です。
 捌き役の橋本薫さんの発句”山中や湯の香かわらぬ青葉闇”に始まり、
「初折の表」六句~「初折の裏」十二句~「名残りの表」に入りました。
「名残りの表」
 一句目(春の句) ”ようように日は傾きて遍路路”      橋本
 二句目(無季)   ”上方からの便り届きて”         平井
 三句目(無季)   ”吹けば飛ぶ木橋道明が淵繋ぐ    上出
 四句目(夏の句)  ”夕立ありて駆け込む酒屋       上出
 五句目(夏の句)  ”夏惜しむカラクリ時計見上げつつ  佐藤
今日は、六句目からです。
 六句目(無季)    ”昭和の男次々逝きし”         上出
 七句目(無季)    ”砂嵐地上に銃火絶ゆるなく”     橋本
 八句目(無季)    ”みゆきの歌も心懐かし”        平井
来月・3月16日(月)は、九句目(無季)・十句目(無季)・十一句目(冬の月の句)です。
f0289632_22302590.jpg

f0289632_22304681.jpg

f0289632_2231248.jpg

# by basyoyamanaka | 2015-02-16 22:31 | Comments(0)

「台湾」からの御客様

 今日は水曜日で定休日?祭日で休み返上
雪の中「台湾」から団体の御客様。
f0289632_2252249.jpg

f0289632_2254443.jpg

f0289632_2261134.jpg

     お雛様に興味?
f0289632_2272178.jpg

     これから、あやとり橋へ
# by basyoyamanaka | 2015-02-11 22:08 | Comments(0)

我谷盆ー②

 「我谷盆」は、今日”我谷ダム」で沈んでいる我谷集落で造られていた盆です。
素材は、主に栗の木で、ノミの様な鉋で線状に何本も彫られています。
 太助(中筋)と云う人が最初に彫ったので「太助盆」とも呼ばれています。
当時は、雑器のような位置づけでしたが、今は”民芸”のジャンルに入るのかな
f0289632_10565139.jpg

      黒田辰秋氏の「我谷盆」賛
f0289632_110795.jpg

f0289632_1104521.jpg

f0289632_1114162.jpg

      白洲正子さんも絶賛。 しかし”金沢では”はニュアンスが違います。
    私事ですが、以前、店(山中温泉)をしている時に、落書帳に”金沢に来ました”
   (観光客)とありました。皆さん、石川県=金沢のイメ―ジです。
# by basyoyamanaka | 2015-02-04 11:21 | Comments(0)

我谷盆ー①

 京都で「我谷盆」を再現・制作されて居られる森口信一氏が、生徒達と”芭蕉の館”に
展示されている古い「我谷盆」を見学に来ました。
f0289632_015712.jpg

f0289632_022086.jpg

f0289632_024252.jpg

f0289632_03394.jpg

f0289632_033363.jpg

  山中温泉我谷町の木地師・平田秋平氏も説明。
# by basyoyamanaka | 2015-02-03 00:08 | Comments(0)

「歌仙」の日

 毎月、第3月曜日は『芭蕉の館』歌仙教室の日です。
 陶芸家の橋本薫さんを講師に「連句と歌仙の話」(5月)から始まり、捌き役をお願いし
実践に入りました。歌仙は初めての人達ばかりのスタートです。
 「発句」は橋本さんの”山中や湯の香かわらぬ青葉闇”(5・7・5)
 「脇句」(7・7)と続けます。
 「三句・四句・五句・六句目」で折り端となります。
続いて、”名残りの表”裏十二句に入り、”名残りの表”折立十二句です。
 折立「一句目」(春の句) ようように日は傾きて遍路路         橋本
    「二句目」(無季)  上方からの便り届きて             平井
 
 今日は「三句目」(無季)から始まりました。山中温泉・道明が淵が此の度
国指定の”おくの細道の景勝地”に指定されたのを機に<道明が淵>を詠む。
    「三句目」(無季)   吹けば飛ぶ木橋道明が淵繋ぐ       上出
    「四句目」(夏の句) 夕立ありて駆け込む酒屋           上出
    「五句目」(夏の句) 夏惜しむからくり時計見上げつつ      佐藤
 来月二月十六日(月)は、「六句目」(無季)からのスタートです。
f0289632_1913813.jpg

f0289632_1915672.jpg

# by basyoyamanaka | 2015-01-19 19:02 | Comments(0)

茶室

 今日の”子供茶会”は、広間が展示中なので茶室です。
父兄の方も1服。
f0289632_12335911.jpg

f0289632_12341951.jpg

f0289632_12344364.jpg

f0289632_12355090.jpg

# by basyoyamanaka | 2015-01-13 12:36 | Comments(0)

留学生

 「北陸先端大学」の留学生達が山中温泉を訪れ、芭蕉の館に立ち寄りました。
以前、旅館で使われていた電話の交換機に興味津津。
f0289632_1103479.jpg

f0289632_1122241.jpg

 駐車場のゆきも徐々に?又、雪に成りそうです。
f0289632_1151522.jpg

f0289632_1153425.jpg

# by basyoyamanaka | 2015-01-06 11:06 | Comments(0)

雪の山中ー②

正月(1月3日)は、お散歩号のガイド当番。雪の中を走りました。
f0289632_1125947.jpg

f0289632_11255772.jpg

f0289632_11261764.jpg

f0289632_1128612.jpg

f0289632_11284915.jpg

 「栢野の大杉」は枝が1本折れ下がっていました。「高瀬大橋」から「鶴仙渓・天狗岩」も
雪化粧。「菊の湯」から「ゆげ街道」、山中出身の道場六三郎レシピーの蟹鍋など40分で
温泉街を1周です。
# by basyoyamanaka | 2015-01-05 11:40 | Comments(0)

雪の山中ー①

 四国(松山)からの御客様も、館からの雪景色に満足。話が弾みました。
f0289632_15534142.jpg

f0289632_15542096.jpg

 雪除けは日課?
f0289632_15565740.jpg

f0289632_1614378.jpg

f0289632_1624712.jpg

f0289632_16315100.jpg

   駐車場は30メートル程の横道を通り、館の後ろに在り、この雪除けが大変。
 此処は、私の仕事。鬼の様に空けますよ。時々、近くを空けた業者さんがついでに
空けて下さいます。
# by basyoyamanaka | 2015-01-04 16:05 | Comments(0)

新年の展示「奥の細道」

 新年明けましておめでとうございます。
 新年早々雪掻です。
『芭蕉の館』の座敷の展示は、”沼田婦美子遺作展「奥の細道」の書”と
”屏風展「山中温泉十二景」”です。
f0289632_11573014.jpg

f0289632_1158161.jpg

f0289632_11583342.jpg

f0289632_11585031.jpg

# by basyoyamanaka | 2015-01-01 11:59 | Comments(0)

今年最後の「子供茶会」・山中温泉「ポスター」

加賀市の各地域の観光ポスターが制作されました。
f0289632_1162675.jpg

f0289632_1165075.jpg

f0289632_1171398.jpg

      山中温泉・女湯
f0289632_1193311.jpg

      「あやとり橋」からの川床風景
f0289632_11112971.jpg

# by basyoyamanaka | 2014-12-31 11:13 | Comments(0)

もうすぐ御正月

 芭蕉の館も少しずつお正月の準備です。
f0289632_2213887.jpg

f0289632_22133086.jpg

f0289632_22135967.jpg

f0289632_22142040.jpg

f0289632_2215263.jpg

# by basyoyamanaka | 2014-12-26 22:15 | Comments(0)

絃哲也・八木繁、吉岡治秘話「旅のココロ」ー②

 作曲家の絃哲也氏が『芭蕉の館』で篠笛奏者・山中漆塗師の八木繁氏と再会。
二人の共通の知人で有った作詞家(天城越え等)吉岡治氏との出会いの事等、
話が弾み、ギターと篠笛のコラボが・・・・。
f0289632_19474692.jpg

f0289632_1950145.jpg

f0289632_19504314.jpg

f0289632_19513999.jpg

f0289632_1952772.jpg

f0289632_19522847.jpg

f0289632_1953271.jpg

# by basyoyamanaka | 2014-12-23 19:54 | Comments(0)

弦哲也・「旅のココロ」ー①

 作曲家の絃哲也氏が「旅のココロ」(テレビ金沢)で芭蕉の館を訪れ、
山中塗師で篠笛奏者の八木繁氏と再会しました。
 TV画像は10月末に収録したものです。
f0289632_10581968.jpg

     山中座前の足湯でTV局の人と
f0289632_1134985.jpg

f0289632_11724100.jpg

 「山中節」が大好きで学校をサボリ、芸子さんの山中節を聴きに来た裕次郎さんの話で沸く。
f0289632_11123853.jpg

      八木さんとの再会。
f0289632_11163995.jpg

f0289632_11171356.jpg

  芭蕉さんの弟子・許六が描いた画で、芭蕉・曽良の実像に近いとされている。(複製)
# by basyoyamanaka | 2014-12-22 11:23 | Comments(0)

「芭蕉の館」歌仙

 『芭蕉の館』の歌仙も8回目を迎え、今日は「十一句目」(花の座)
     ” 花吹雪団十郎に成りきって”を受けて「折り端・十二句目」からです。

 「十二句目」(春の句)
         蝶の屍を拾う人無し              西
 此処からは、名残りの表「折立・一句目」です。
 「一句目」(春の句)
         ようように日は傾きて遍路道         橋本
 「二句目」(無季)
         上方からの便り届きて            平井
 「三句目」(無季)は、今回、山中温泉・鶴仙渓の「道明が渕」が
 ”おくの細道の景勝地”に指定されることに因み、「道明が渕」を
詠むと云う事にし、宿題としました。
 次回は、1月19日(水)午後1時30分~ 
 
# by basyoyamanaka | 2014-12-16 12:49 | Comments(0)

重い雪

 12月初旬の雪は水分を含んでいて重い(想い雪が待ち遠しい)。
「芭蕉の館」の風景も、樹木が辛そうです。
f0289632_1342177.jpg

f0289632_1344474.jpg

f0289632_135762.jpg

f0289632_1352283.jpg

# by basyoyamanaka | 2014-12-07 13:05 | Comments(0)